キャッシングの申し込み【用途に合ったところ発見】

仮申込から融資までの流れ

男性

事前準備を行いスムーズに

数ある不動産担保ローンの中から希望に近いものを選んだら、ウェブサイトで仮申込をします。仮申込は不動産担保ローンが利用できる条件を満たしているかどうかの仮審査です。ウェブ上で行う簡易的な審査なので、何社受けても構いません。まずは何社かの仮申込を利用して比較検討するのは賢い方法と言えます。仮申込で担保や融資条件を満たしていたら、必要書類を提出して本申込します。本申込は不動産の資産価値を鑑定したり登記簿謄本の確認をしたりするので、銀行系でかかる期間は長くて1ヶ月ほどです。しかしノンバンク系であれば即日融資も行われているため、銀行系も融資にかかる工程や期間の見直しを図っており、今後の期間短縮が期待されています。審査に通れば金銭消費賃借契約書を交わしての契約です。契約書は不動産担保ローンにかかわる全てが記載されているため、大変ですが全て目を通します。分からないことや疑問に思うことは、契約前に解消しておくことが大事です。またその場で契約せずに持ち帰って、司法書士などの専門家に相談してから契約を結んでも遅くはありません。契約締結後は金融機関側の司法書士が抵当権設定登記の手続きを実施し、それが終わったら融資が行われます。不動産担保ローンは無担保ローンと違い不動産を担保にするので、物件の評価や抵当権の設定という手順が加わります。不明点を解消しておくなどの事前準備を行っておくとスムーズな手続きが可能になるでしょう。

Copyright© 2017 キャッシングの申し込み【用途に合ったところ発見】 All Rights Reserved.