キャッシングの申し込み【用途に合ったところ発見】

自由な使い道

メンズ

担保や保証人は不要

住宅ローンは住宅の購入やリフォーム、自動車ローンは自動車の購入のための金融サービスです。この他にも教育ローンや医療ローンなど金融サービスには様々なものがありますが、いずれも借りたお金の使い道が決められています。たとえば教育ローンの場合、借りたお金を原則として教育以外のことに使ってはならないのです。しかしキャッシングは、使途が制限されていないフリーローンです。つまりキャッシングしたお金は、食費や旅行費や娯楽費など、個々の都合に合わせて自由に使うことができるのです。さらにキャッシングでは、申し込みの際に担保や保証人を用意する必要がありません。なぜなら担保にしても保証人にしても、返済できなかった場合の保険して用意しておくものだからです。金融機関にもよるのですが、キャッシングでは多くの場合、貸し付け限度額が年収の3分の1以下に設定されています。住宅ローンほど大きなお金の借り入れとならないので、返済に困る可能性は低いと言えます。担保や保証人に頼らずに個人の力で返済できるということですから、どちらも不要とされているのです。また、大金ではない分返済までの期間も、住宅ローンなどと比較すると短めです。金利はやや高く、15〜18%となっていることが多いのですが、返済が長引かない分、発生する利息のトータルは少なめです。もちろん早めに返済すれば、それだけ利息の支払い負担は少なくなります。こういった特徴から、気軽に利用できる金融サービスとしてキャッシングは評価されています。

Copyright© 2017 キャッシングの申し込み【用途に合ったところ発見】 All Rights Reserved.